作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 もはや自分メモと化している、MOTU MachFive2の不具合など。

●不具合その7/付属DVDの音色、DVD1/10 Synth Sounds/Bells and co/Baby Xylo。使われている波形のうち「07 Baby Xylo F#5.aif」の後半にポップノイズ有り。仕方ないので、別保存してMachFive2上でそこだけ波形を無音化。その波形だけDPでチェックしてみようとするも、別保存したaifはAIFCファイルとのことでDPにドラッグ&ドロップでもインポートでも読み込めず。うーん。

 余談だがこの音色はもともとUSB社のX-trmeFXに入っていたもの(08-Musical/Modelisation/。MachFive2よりX-tremeFXのリリースの方が先なので、そう解釈)。MachFive2・その3その4で書いたようにX-tremeFXの音色読み込みが不安定なため、USB社のソフト音源の音色も多く含まれているMachFive2付属音色になら入ってるかも…と思って探したら案の定あった。ちなみにX-tremeFXのBaby Xyloも、ポップノイズが入ってた(笑)。

 さてそのX-tremeFXの読み込み不安定の件。音色を選んだ後で波形が見つからないアラートが出たら、Imagesに展開してあっても.datファイルをダブルクリックしてみると、波形が見つかることがあり。詳しく検証してないけれども、とりあえず使えそうである。
●よかったことその1のつづき:別の日にX-tremeFXを試すも、波形が見つからないアラートが出るときが有り。セッティングの簡便な再現性という意味では怖いので、使ったらバウンスしておく必要があるかも(あるいは、上手く行った時にすべての音色を別保存しておくか…あまり現実的ではないなぁ)。まぁ、使う時に書き出せばいいか。
 MOTU MachFive2を使っていて気が付いたこと…のつづき。

●不具合その6/下の画像(上):2から新たに内蔵されたオシレーターを使ったシンセ音色で、Pads & Stringsカテゴリーの「Amelie Pad」が発音しない(MachFive2上の鍵盤からも同様)。しばらくいじっていると、DPごと落ちる。とほほ。

●不具合その1のつづき:懲りずに再度MachFive2上でMSI.datを展開しようとしたら、DPごと落ちた。とほほのほ。

●よかったことその1/下の画像(下):MachFive2はUSB社のUVIエンジン(第二世代)を使っており、UVI第一世代のPlugsoundやCharlieは読み込み可能である。ということは、DPの現ヴァージョンでは読めないUSB社のUltraFocusやX-tremeFXが読めるかも!と思い、試してみる。
 UltraFocusは後継のUVI sound card-SynthAnthologyにアップ済み(PlugsoundProと同様、UVI第二世代)なので、MachFive2でも読めることは解っている(ガシガシ使ってる)。んで、X-tremeFXはDPで使えなくなってから外したままアップグレードしていないので、試しに入れてMachFive2で読み込むと、とりあえずばっちり成功。.datファイルが2つ(1と2)あるためか、片方からブラウズして「波形が見つかりません」と言われるProgramもあるのだが、もう片方からブラウズするとちゃんと鳴りました。例えば01-Scenes/Albidionは1.dat、00-Atmosphere/Bank A/A01-Airport Dreamは2.datから読み込むことができる。ちなみに、X-tremeFX/Presetsフォルダからも音色は選べるが、リンクの不具合のようですべて波形が見つからない。
 というわけで、両方ともMachFive2上で展開したあとお気に入り登録しておく(下の画像では左下にX-treme FXが2つ出てますが、上が1.dat、下が2.datに当たります)。SE系の音源なので、それほど出番は無い気もするが…。

 ちなみに。UltraFocusは元ネタの発音方式(FMとかVectorとかPCMとか)でカテゴライズされていて使いにくかったが、SynthAnthologyはそれらに加えて「Categories」という、音色のジャンル(BellsとかFlutesとかPadsとか)で分類したリストも追加されているので、非常に便利(ていうか、これが普通か?)。以前も書いたが、これでUlatrFocusのTimberパラメーターに相当するものがあれば、とても助かるのだが…。

 環境:PowerMac G5 2.5dual/Ram=4G/OS=10.4.8/Digital Performer 5.11/MachFive2 2.02

MachFive2その3-1

MachFive2その3-2

 …と書いた後、上記「不具合その1のつづき」で落ちたDPを再度立ち上げると、X-tremeFXの「2.dat」が「中身が見つからない」とかなんとか。で、1.datに相当する(と思ってた)Images内の「X-treme FX」から、2.datでないと波形が見つからなかった音色まですべて読み込むことができるようになっていた。謎。
 ともあれ、使える事には変わりないようです。
●不具合その5:付属DVDの音色を読み込んで、エフェクトを加えたDPデータがあったのだが、改めて開くとエフェクトが生きてない。表示はされているのだが…??
 とりあえず内部エフェクトを切り、DP上でAUX作ってsendで処理。

 …まだまだ謎があるなぁ。

 環境:PowerMac G5 2.5dual/Ram=4G/OS=10.4.8/Digital Performer 5.11/MachFive2 2.02
 今回の仕事から使い始めたソフト音源、Mark of the UnicornのMachFive2。起動や、音色のブラウジング・切り替えがちょっと重くなった(気がする)ものの、おおむね満足。MachFiveはかなり使い込んだので、やっぱり慣れているというのが大きい。PlugSound ProやUSB社の音も読めるので(MachFive2に付いてきた音色と結構重複しているが)、PlugSoundを立ち上げることが無くなりそう。

 ただ、ver 2.0.2にアップデートしたところ、現状いくつかの不具合があり(2.0.1の時からのものかどうか…は不明)。

●不具合その1:下の画像の上左:音色ブラウザ上でMotu Symphonic Instruments のMSI.datをダブルクリックしても、イメージとして展開しない(=使えない)。旧PlugSoundのdatは展開できるし、MachFive1では読める(もちろんMSIを立ちあげても普通に使える)ので、datの破損ではないはず。ヴァージョンのマッチングか。

●不具合その2:付属DVDの音色(MachFive2DVD-※※※※.ufs)から音色を読み込み、波形レベルでエディットして、別の音色に切り替えようとしたところ、波形を保存しますか?のアラートが出て、よく考えずに「保存」。すると、音色は切り替わったが、後で最初のエディットした音を再度読み込もうとしたときに「Invailed Program」と出る。よく考えたら、音色は.ufsという1つのパッケージにされているので、いったいどこに保存したことになっているのか…謎。
 音色エディット後でかつ保存する前のDPデータに戻り、MachFive1で使っていた音色フォルダに波形ごと別保存して、とりあえず回避。
 ちなみに、ProgramをSave Preset and samplesで保存する時に、Set current pathでMachFive1時に使っていたsamplesフォルダーを指定し、その後Programの保存先(Presetsなど)をFILE : 欄に指定すると、波形データはSamplesフォルダに、音色データ(.M5p)はProgramフォルダにきちんと保存できた。

●不具合その3/下の画像の下右:以前MachFive1で自作した音色が、読み込みの際に波形データが完全に読まれない(画像ではC1:赤い四角で囲われた部分)。これが、読み込みの度にランダムで違う音色にリンク外れ的な不具合が起きる。波形データは揃ってるし、なにより今ダメだった波形が次はOK…とかなってるので、波形側の問題ではなさそう。波形データが.Lと.Rに分かれたSD2フォーマットなのが原因かも。…と思ったら、何度か検証するうちそれだけではなかったことが判明。
 とりあえずこの不具合はこのProgramのみ発生しているので、読み込んでから全部あるいは使う音だけ別保存するか、似た音色で代わりのProgramを探すか、MachFive1を立ち上げるか、使わないか…の四択。

●不具合その4/パンのcc=10で64を送ると、センターではなく「右0.79」になる。63だと「左0.79」。ちなみに、左右に振り切った状態で100なので、1/100以下のズレではあるが…なんか気になる。
 そういえば、MIDIトラックのオートメーションをプレイ(オン)にしてなくても、ccが送られてた。
 他にもccの不具合があった(気がした)が、今試したら再現しなかったので、後日再検証。

 環境:PowerMac G5 2.5dual/Ram=4G/OS=10.4.8/Digital Performer 5.11/MachFive2 2.02/私の環境以外で不具合が再現するかどうかは、当然不明。(080130加筆)

MachFive2
│HOME│  Next ≫

[2] [3] [4] [5] [6] [7]