作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 昨日録音したソロ・ギター曲のエディットとミックス。1本のマイク(Earthworks SR77:下の写真)で録音しているため、もともとは音の広がりが無い。なので、SoundToys社EchoBoyをアンビエンスに使って少し広げ、「ソロ・ギターのしらべ」近作でも使っているWAVES社Rverbのリバーブをかけて仕上げる。
 しかしEchoBoyほんと使いまくり…。思えば私が自宅録音を始めた頃は、ちょうどYAMAHA SPX90が発売され、“ディレイ”を通らずにいきなりリバーブを使ったものだ…その反動だろうか?

 その後、なんちゃってサラウンド曲のミックス。今回の番組中には、2箇所ほど音を広げたい場所があったので、その部分の曲。プラネタリウムは一館一館スピーカーの位置や状態が異なり、自宅では厳密に追い込めないので、シビアなサラウンド用機材はあえて自宅に揃えていない(とりあえず後ろから音が出たらどうなるか?とかを試す程度)。

 これで、この番組の作業は終了(ただし、制作上の〆切はまだ先なので、修正が入る可能性もあり)。今年の頭からスタートしたプラネタリウム番組4連続音楽制作は、一応終了ということになる。ようやくちょっと一息…ということはなく、すぐ次の仕事にかからねば。

マイク
 メインテーマもOKが出たので、ソロ・ギター曲を除く全曲のミックスダウンを開始。聴き直して細部を修正しながらの作業。

 午後、ソロ・ギター曲の録音(ギターはおなじみMorris S-121 sp南澤カスタム)。使用するシーンが2分程度なので、1ハーフの短い演奏。でも終わる頃には右手の人差指がイタイ…。

 ソロ・ギター曲のエディットは明日回しにして、ミックスダウンの続き。サラウンド(といっても、なんちゃって環境しか無いのだが)の曲以外…ステレオミックスの曲は(ソロ・ギター曲を除いて)すべて終了。残りは明日に。
 メインテーマとその前に流れる曲の2曲、ようやく終了。結局、ひとつながりの2曲を4つに分割し、別々に作業していく(やっぱりマシンパワーが心配…)。細部は後で整えるとして、ひとまず完成。

 これにOKが出たら、最後に残したソロ・ギター曲を録れば録音〜アレンジは終了(16日に録音予定)。今週中にミックスまで終えられるといいのだが。
 手間を掛ける予定だった曲、当初はリズムボックス系の音でリズム隊を構築しつつ、ついでに自分用ライブラリを作る予定だったのだが、方針を変更してリズムを生系(と言ってもやっぱりSTYLUSでrex2ループをドライヴ)で行くことにし、少し作業時間を短縮。リゾートチックになりすぎないようにしないと(ボサっぽい曲なのです)…。
 しばらく(といっても3日間ですが)かかりきりだった曲が昨日アレンジ終了。そんなに長い曲ではないのだが、3つのブロックから構成されている曲だったので、3つ別々のシーケンス・データに切り分けて作業。途中で使ったリズムボックス系ループ(eQuipped Music社Slo'MotionをSpectrasonics社Stylus RMXでドライブ)と曲のキーが合わなかったのだが、ループのキーを変えるとしっくりこなかったので、曲のキーのほうを上げることに。

 で、今日も1曲アレンジ終了。これで、残りあと4曲。でも、そのうちの1曲はちょっと手間を掛けたいのが残ってる…。効率の悪さは集中力の無さから来るのか。うーむむむ。
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3] [4]