作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 発売から1ヶ月たった、ソロギ10「天上の映画音楽篇2」。読者のSさん(30代)がメールで感想を送って下さったので、紹介いたします(実は、発売直後の6月15日に早くもお送り頂いていたのですが、仕事が途切れずなかなか掲載できなかったのでした…)。



ソロギターのしらべ第10作目拝聴いたしました。
私が印象に残った曲ベスト5を発表したいと思います。

まずは、第5位のカヴァティーナから
ゆったりとしたテンポがこの曲にぴったりでした。多くのクラシックギターリストが
この曲を手がけていますが、少しテンポが速い気がしていました。

第4位は、くるみ割り人形
LAGQの四重奏と比較しながら聴いていました。
全体を考慮したアレンジなどを考えると、ご苦労さまのひと言です。

第3位は、竹内まりやさんの「元気を出して」です。
この曲は、ソロギターにピッタリだと思いました。
竹内さんは、若い女性から熟女まで、幅広い層の女性に人気と聞きます。竹内さんの
ベストアルバムを、まるまるソロギターでアレンジしたら売れるんではないでしょう
か。

第2位は、リチュアル・ダンス
マイケル・ヘッジスさんの演奏と聴き比べました。南澤さんの演奏のほうが、
より躍動感がありました。また最後を締めくくる曲としてピッタリだと思いました。

そして第1位は、残酷な天使のテーゼです。
とてもカッコよかったです。ただフル演奏でなかったことがとても残念に思います。



 Sさん、ありがとうございました。ちなみに「残酷な天使のテーゼ」は、本ではスペースの都合で掲載できませんでしたが、間奏部分もアレンジしてあります。ただいま練習中。



ソロギ10

 発売日より一足早く、見本誌(とクラシック篇1の増刷分見本誌)が届く。ようやく完成した実感が…実はあまり湧かず。バタバタすぎるせいかしらん。13日の発売まで、あと少し。今回は発売日にイベントもあり、ありがたいのである。
 いまさらではあるが、ソロギ10制作記に「その46」〜「その51」をアップ。自分の備忘録なのである。

 他の仕事に追われて、ソロギが「完成した感」があまり無いのが残念。とはいえ、そんなのはいつものことなのだが。

 余談だが…写真は4月27日撮影の、弦の死骸。ソロギのレコーディングの半分くらいぶん。だいたい1〜2曲で1セット使う(替える)ので、こんなことに…。

弦
ソロギ10

 ソロギ10「天上の映画音楽篇2」、ようやく校正を終え、データは昨日の時点で印刷所さんに入っています。曲目は、以下の通りです。全31曲。

 ロッキーのテーマ/ビル・コンティ
 ジェームズ・ボンドのテーマ/モンティ・ノーマン
 ステイン・アライヴ/ビージーズ
 燃えよドラゴン/ラロ・シフリン
 21世紀のスキッツォイド・マン/キング・クリムゾン
 オー・プリティ・ウーマン/ロイ・オービソン
 涙そうそう/夏川りみ
 22才の別れ/風
 Gメン'75のテーマ/菊池俊輔
 いい日旅立ち/山口百恵
 元気を出して/竹内まりや
 青春の影/チューリップ
 ライド・オン・タイム/山下達郎
 翔べ!ガンダム/池田鴻
 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
 ひょっこりひょうたん島/前川陽子
 崖の上のポニョ/藤岡藤巻と大橋のぞみ
 カヴァティーナ/スタンリー・マイヤーズ
 交響曲第七番/ベートヴェン
 軍艦行進曲/瀬戸口藤吉
 春の海/宮城道雄
 ラジオ体操第一/服部正
 くるみ割り人形/小序曲
 くるみ割り人形/アラビアの踊り
 くるみ割り人形/行進曲
 くるみ割り人形/こんぺいとうの踊り
 くるみ割り人形/トレパック
 くるみ割り人形/中国の踊り
 くるみ割り人形/あし笛の踊り
 くるみ割り人形/花のワルツ
 リチュアル・ダンス/マイケル・ヘッジス

…というわけで、6月13日発売予定。どうぞよろしくお願いいたします。



 どうにかマスタリングも終了し、48k-24bitのWAVで納品。校正もあらかた終了…今回はかなり時間が厳しかったせいか、ミスが多い…(校正でツブせたから、よかったけれども)(あるいは、年のせい?)。

校正

 ちなみに、校正作業はすべてpdfベースで、赤入れもAcrobat上で行っている。上は校正中の1ページ(ぼかしてありますが…)。
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3] [4] [5] [6]