作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 佐賀県立宇宙科学館プラネタリウムで3月19日から投影される番組「星空を紡ぐ言葉」の音楽を担当いたしました。
 古い知り合いのYさんと打ち合わせのため、町田へ。


 2008年から2009年にかけて手がけたプラネタリウム番組のサウンドトラックCDが、発売になりました。上の左から『宇宙図書館へようこそ』(ブログ内制作記はこちら)、『天体観測+』(ブログ内制作記はこちら)、『ブラックホールと太陽の子どもたち』(ブログ内制作記はこちら)。BSV web shopで取り扱っています。

 また、プラネタリウム番組のサウンドトラックに関して、既発盤も含めてwebのCD詳細ページでほとんどの曲を試聴できるようにいたしました。こちらからどうぞ。
 もろもろの仕事の合間(あるのか?)をぬって、プラネタリウム番組のサウンドトラック・アルバム制作作業。2008年に手がけた『宇宙図書館へようこそ』『天体観測+』、そして『ブラックホールと太陽の子どもたち』。ジャケット・デザインとか、マスタリングとか。
 7月18日から佐賀県立宇宙科学館で投影される家族向けプラネタリウム番組「真夜中のさがしもの〜質問箱の大冒険〜」の音楽制作。…といっても、開始から納品まで数日しか無いという(!)タイトな状態なので、基本的には制作会社であるスペースサイト宮部氏のほうで選曲を済ませていただき、私は尺の修正や展開の変更など、できる範囲で作業するという段取り。

 新しいMac(MacPro)だと、MOTUのソフト音源MachFive(1)が動かないこともあり、それで作っていた曲に関してはすべてMachFive2か別音源に差し替え。とはいえシーケンス・データが残っている分、ゼロから作るわけではないのでちょっと楽。結局4曲を新録音、1曲を編集して納品。
≪ Back  │HOME│

[1] [2]