作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 発売から1ヶ月たった、ソロギ10「天上の映画音楽篇2」。読者のSさん(30代)がメールで感想を送って下さったので、紹介いたします(実は、発売直後の6月15日に早くもお送り頂いていたのですが、仕事が途切れずなかなか掲載できなかったのでした…)。



ソロギターのしらべ第10作目拝聴いたしました。
私が印象に残った曲ベスト5を発表したいと思います。

まずは、第5位のカヴァティーナから
ゆったりとしたテンポがこの曲にぴったりでした。多くのクラシックギターリストが
この曲を手がけていますが、少しテンポが速い気がしていました。

第4位は、くるみ割り人形
LAGQの四重奏と比較しながら聴いていました。
全体を考慮したアレンジなどを考えると、ご苦労さまのひと言です。

第3位は、竹内まりやさんの「元気を出して」です。
この曲は、ソロギターにピッタリだと思いました。
竹内さんは、若い女性から熟女まで、幅広い層の女性に人気と聞きます。竹内さんの
ベストアルバムを、まるまるソロギターでアレンジしたら売れるんではないでしょう
か。

第2位は、リチュアル・ダンス
マイケル・ヘッジスさんの演奏と聴き比べました。南澤さんの演奏のほうが、
より躍動感がありました。また最後を締めくくる曲としてピッタリだと思いました。

そして第1位は、残酷な天使のテーゼです。
とてもカッコよかったです。ただフル演奏でなかったことがとても残念に思います。



 Sさん、ありがとうございました。ちなみに「残酷な天使のテーゼ」は、本ではスペースの都合で掲載できませんでしたが、間奏部分もアレンジしてあります。ただいま練習中。



この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[839] [837] [838] [836] [835] [834] [833] [832] [889] [829] [828]