作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 ソロギ10のマスタリング。録音はモノラルなので、Digital Performerのプラグインで空間系エフェクトを掛けて広がりを出す。昨年作った『COVERS vol.1』の時と同じく、SoundToys Echoboyでアンビエンス処理をし、Waves Rverbでリバーブを掛け、全曲を聞き比べながらWaves L2で音圧を調整。ここまですべて96k・24bitで作業し、AIFFで書き出しては違う環境で聞き比べたり。

 オーディオ・インターフェイスのMOTU 24IOの調子が悪く(もしかしたらPCIボードのほうかも)、作業中にしばしば音が出なくなる症状が。電源を入れ直すとしばし解消するのだが、手間取ってしょうがない。FireWire接続のオーディオ・インターフェイスも安くなってきたし、そもそも24チャンネルもインプットいらないし、そろそろ買い換えようかなぁ。
 ソロギ10、各章末のコラムを執筆。…が、調べものをするうちにエラく時間がかかる…。
 最後に録音した「リチュアル・ダンス」の浄書作業が終了。これで、本編の制作作業は終わり。
 気になっていた「翔べ!ガンダム」、結局再録音。演奏が…というよりも、一部の音が気に入らなかったのである。これで、ホントに録音は終了。
 ソロギ10、「リチュアル・ダンス」録音終了。ヘッジスはフラット・ピックを使って弾いており、ゆえに右手のワンアクションで、低音弦を弾いて一旦手の動きを止め、続けて高音弦を弾く…なんて事もやっている(…あれ、ピックじゃなくてもできるかな?)。いずれにしろ、細部まで同じ動作で演奏するのは無理なので、「楽譜に起こした状態」としてはある程度正確に採譜するのを心がけ、それを今の自分が忠実に弾くとどうなるか…というような感じで弾いてみた。

 これで録音は一応全曲終了。…なのだが、気になる曲があるので、余裕があれば明日その曲だけ再録音するかも。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]