作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 もはや自分メモと化している、MOTU MachFive2の不具合など。

●不具合その7/付属DVDの音色、DVD1/10 Synth Sounds/Bells and co/Baby Xylo。使われている波形のうち「07 Baby Xylo F#5.aif」の後半にポップノイズ有り。仕方ないので、別保存してMachFive2上でそこだけ波形を無音化。その波形だけDPでチェックしてみようとするも、別保存したaifはAIFCファイルとのことでDPにドラッグ&ドロップでもインポートでも読み込めず。うーん。

 余談だがこの音色はもともとUSB社のX-trmeFXに入っていたもの(08-Musical/Modelisation/。MachFive2よりX-tremeFXのリリースの方が先なので、そう解釈)。MachFive2・その3その4で書いたようにX-tremeFXの音色読み込みが不安定なため、USB社のソフト音源の音色も多く含まれているMachFive2付属音色になら入ってるかも…と思って探したら案の定あった。ちなみにX-tremeFXのBaby Xyloも、ポップノイズが入ってた(笑)。

 さてそのX-tremeFXの読み込み不安定の件。音色を選んだ後で波形が見つからないアラートが出たら、Imagesに展開してあっても.datファイルをダブルクリックしてみると、波形が見つかることがあり。詳しく検証してないけれども、とりあえず使えそうである。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[39] [35] [38] [34] [37] [33] [32] [36] [30] [31] [29]