作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』紹介は今日で最後になりますが、CDでは2曲目の南澤大介(私)です。

曲はポール・マッカートニーの「ワンダフル・クリスマス・タイム」。もともと、海外アーティストの曲にしようと思っていました。オリジナル・ヴァージョンも好きですが、コーラス・グループ リッツのカヴァーも大好きです。
今日の『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』紹介は、CD12曲目の土門秀明さんです。土門さんはイギリスの地下鉄でバスキング(路上演奏)していた事でも有名。『ソロ・ギターのしらべ』もご利用下さり、彼のアルバムには私のアレンジをベースにした演奏が何曲か収録されています。

【インタビュー】

今日の『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』紹介は、CD11曲目の小川倫生さんです。小川さんとは、私がかつて主宰していたGuitaristsというギター愛好会で知り合いました。でも初めてお会いしたのはずっと後、ピエール・ベンスーザンの吉祥寺ライヴ前、開場待ちの列だった記憶が(二人とも、最前列で観覧)。その後、2013年のソロ・ギターの日コンサートでもご一緒しています。リリカルなオリジナルが魅力。

【インタビュー】

今日の『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』紹介は、CD10曲目の伍々慧くんです。伍々くんと初めてお会いしたのは、2004年に名古屋で行われたアコースティック・ファン・フェアで、彼はまだ高校生でした(楽屋でオリジナル曲を弾いてもらった記憶が)。その後、2015年には、一緒に台湾でコンサートもしています。
今日の『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』紹介は、CD9曲目の井草聖二くんです。井草くんとは、2013年のソロ・ギターの日コンサートでご一緒しています。お父さんが牧師さんということもあり、教会でのコンサートなども多く行っていたので、クリスマス・ソングもお好きかな…と思い、お誘いしてみました。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]