作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 私の仕事自体は昨日のクリニックで終わり、今日は生徒達の交流ライヴ。会場は学校ではなく、弘大方面にあるライヴクラブ「サム」である。

韓国へ

韓国へ
 昼過ぎに一旦SJAに集合して、生徒達の楽器類を機材車に積み込んだ後、タクシーでサムまで移動。韓国ではタクシー代が異常に安く、移動はたいていタクシーだった。

韓国へ
 学校の入り口上には、今回のイベントのパネルが(SJAの先生がデザイン)。

韓国へ
 ライヴクラブ外観。中はギャラリーやオシャレな本屋などが入った、芸術系雑居ビルという感じ。…でもなぜ床屋?(中に床屋や美容院は、たぶん無い)

韓国へ
 サム内部。ステージ前にフロア、その後ろにひな壇。フロアの柱が意外と邪魔(そんなものだ)。

韓国へ
 サム内の壁面パネル。

 サウンドチェックのスタートが押したため、途中SJA生徒バンドのチェック時にパンの生徒達と中座し、近くのカフェ「Suッkara」カレーを食す(肉がヤワヤワで美味しかった)。店員さんに日本からの留学生が。

 ライヴは、30分押しで18時スタート。(1) No Name (SJA) フュージョン系。スパイロ・ジャイラなどのコピー。(2) Grace Note (SJA) ジャズ系。パット・メセニーなどのコピー。まさか韓国で「サン・ロレンツォ」を聴けるとは…。(3) JGHP (SJA) ラテン系。マンボとか。ピアノの子が上手し。

韓国へ
 次に(4) 高田かずまくん。ノリノリで3曲披露(アドリブ長いよ!笑)。そして(5) SJA卒業生?の Sujin Parkさんが、カラオケで1曲歌う。

韓国へ
 再びバンドセットに戻り、(6) Metropolis (SJA) プログレ系。10分以上の曲を演奏。(7) Mama's Band (SJA) RnB〜ジャズ。ヴォーカル上手し。そして最後に、(8) パン代表のAir Fish。写真左から佐藤英知くん(b)、リーダーの村上修平くん(g,vo)、宇梶元気くん(dr,cho)、森下小百合さん(key)の4ピース。ファンキーだったりフォーキーだったり、イイ感じのポップ/ロック。

 終了後は居酒屋で打ち上げ(どこの国も同じやね)。みんな、おつかれさま!

[4日目へ→]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683] [682] [681]