作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
今日の『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』紹介は、CD6曲目のSeven(曹思義)さん。彼は上海のギタリストで、岡崎倫典さん、GINさんなどの日本のギタリストとも共演しており、私は2015年に上海でコンサートした時、ご一緒しました。



曲は「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」。スヌーピーのアニメ・シリーズ「ピーナツ」のサウンドトラックとして、ジャズ・ピアニストのヴィンス・ガラルディが作った曲です。Sevenさんは、カナダの女性シンガー ダニエラ・アンドラーデさんのヴァージョンを元にアレンジされたようです。

【使用ギター】Mu Guitar SJ-989
【チューニング】CGDGAD で全弦半音下げ
【カポ】Capo 3
【レコーディング・エンジニア】Mory Mao
【レコーディング・スタジオ】Mory's Studio

【アレンジについて(Sevenさんより)】This Christmas song is warm and quiet, I like this feeling. And Christmas day is not a important day for me, I just want to quietly look at the people who celebrate christmas day in the street. I know, if you start guarding me, Christmas is here.

このクリスマス・ソングは、暖かく静かです。そして、私はその感触が好きです。クリスマスは私にとっては重要な日ではありませんが、クリスマスを祝う人々が行き交う通りを静かに眺めていたいのです。そして、もしあなたがそんな私に気づいたら、それはクリスマスの訪れです。(Seven/意訳:南澤大介)

【1曲紹介】2015年に上海で共演させていただいた時の映像です。「漂」はSevenさんのオリジナル曲。

▲漂/Seven with 南澤大介


『ソロ・ギター・クリスマス・タイム』BSV web shopでの予約はこちら。(発送は11月19日以降となります)

Amazonでも予約開始
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[2325] [2348] [2324] [2347] [2323] [2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2346]