作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ

今回は、『ジョン・レノン/ソロ・ギター・コレクションズ』の「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」です。



この曲のように、オリジナルにおいてコードが細かく動いていたり、メロディとリズム以外にリフ(特徴的なフレーズ)が入っているものは、その“雰囲気”をソロ・ギター・スタイルに落とし込むのが難しいのです。オリジナルはストロークが中心で、クリシェを維持しつつメロディを弾きながらストローク…というのが難しく、以前に一度アレンジを断念したこともありました。

アレンジはDメジャー・キー表記ですが、曲の大部分([A]後半~[B])はGメジャー・キーで、実質的にこの曲はこの2つのキーを行き来しています。移調しても2つのキーの間隔自体は変わらないため、この両者を弾きやすいキーにしなければならず、それもアレンジが難しかった一因です。

この本を作る1年くらい前に、Dメジャー・キーで弾くとクリシェのライン(たとえば[A]D→Dadd9→Dsus4→Dなら4弦4フレット・F#音→4弦2フレット・E音→3弦開放・G音→4弦4フレット・F#音)をメロディの下側に持って来れることに気づき、アレンジできる見通しが立ちました。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[2240] [2270] [2239] [2238] [2237] [2234] [2269] [2233] [2232] [2231] [2230]