作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 16 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 リットーミュージックさんのギター・マガジン・オンラインに、加茂フミヨシさんとの対談「著者たちの語らい」(第3回)が掲載されています(最終回です)。

【アイシング】「指、爪、弦、…」はじめのほう(加茂さんの写真の左あたり)

 以前このブログでも書いたのだが、ホントに指先がヒヨワー。あるいは、いかに普段から弾いていないか…ということでしょうかねぇ。

【深いリバーブのピアノか、ユラユラ系のパッドシンセ】対談の一番最後

Atomosphere and Absynth4

 ピアノは、前回も書いたようにIvory。“Curved Space”というリバーブが、他の音源にも使いたいくらい気持ちいい。パッド系シンセなら、Spectrasonics社のAtmosphere(上図の上)とNative Instruments社のAbsynth4(上図の下)を何基か…とか、さらにMOTU社MachFive2でドライヴしたUSB社のSynth Anthologyを加えて…とか。ところでAbsynthって、デザインが有機的でなんだかMarathonみたい(ちなみにMarathonは、HALOで有名なBungie社のmac版FPS。…懐かしいなぁ)。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[788] [778] [779] [769] [888] [768] [771] [770] [887] [767] [766]