作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 リットーミュージックさんのギター・マガジン・オンラインに、加茂フミヨシさんとの対談「著者たちの語らい」(第2回)が掲載されています。

 せっかくなので、補完的につらつらと。対談ページを見ながら、ご覧下さいませ。

【SYNTHOGY社のIVORY】「ギタリストとしての自分に…」真ん中らへん。

Ivory

 私の場合アコースティック・ピアノ音源は、シンセサイザーやサンプラーなどの音源類の中でもとりわけ拘っていて、(対談中にもあるが)いろいろと渡り歩いてたどり着いたのがコレ。ちなみに遍歴は

・Roland U-110(この価格でサンプラー並みの音が出た!と勇んで購入。ユーミンの「Happy New Year」を演奏して喜んでました)

・KORG 01R/W(リアル系というよりも、ちょっとダークでグラスな感じが好みでした)

・Young Chang MP10(カーツウェル。しばらくはこれを愛用)

・EastWest Ultimate Piano(AKAIのサンプラー購入時に、いくつかの候補から選んで購入。ソフトシンセ移行後もMOTUのMachFiveに仕込んで多用してました)

・EastWest Galaxy Steinway(KONTAKTエンジン。サラウンドデータ有りだったので、プラネ番組用にと購入。1音1音は美しいのですが、楽器としてはあまりそそられず)

・Synthogy Ivory(そしてここにたどり着くわけですな。前述のカーツウェルのスタッフが作ったそうで、納得)


【あまり難しいことをやっているつもりもないんですよ】「『ソロ・ギターのしらべ』の誕生」加茂さんの写真の右あたり。

 「ソロギなんてカンタンですよ」という意味に誤解されるといけないので。そうではないです。ソロ・ギター・スタイルに馴染みのないミュージシャンにとっては大変そうに思えるかも知れないけど、そういうスタイルを大学時代にやってたので、自分の中にもともとあった要素がゆえに「難しいことをやっているつもりはない」ということです。長距離走者がマラソンに挑戦した…みたいなもんで、水泳選手からしたら難しく見えるかも知れないけど…という意味。…あれ、もっと解りにくくなっちゃったか?

もちろん、キチンと弾くのは難しいです。


 →第1回
 →収録日のブログ
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[764] [763] [886] [762] [885] [759] [758] [760] [884] [761] [883]