作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 16 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
10「聖歌」
 1993年に荻窪・アールコリンで上演された、劇団キャプテン・チンパンジーの演劇「ジャンヌ・ダルク」のサウンドトラックとして、ピアノで作曲。「ジャンヌ・ダルク」は、フランスの王子に恋しジャンヌ・ダルクとして陸に上がった人魚姫の、哀しい愛の物語。この曲はラストシーン近く、ジャンヌが処刑台に向かうシーン用に書いたものですが、実際の公演では未使用でした。あまりギター向きの楽曲ではありませんが、自分の中では「ジャンヌ・ダルク」と対になっているので、今回アレンジして収録しました。
 使用ギターはYOKOYAMA AR-WH-299で、チューニングはドロップD。3フレットの全弦と、5フレットの2~6弦にカポを付けています。


11「ジャンヌ・ダルク」
 「聖歌」と同じく、演劇「ジャンヌ・ダルク」のメイン・テーマとして、ピアノで作曲。このお芝居は何度か再演されており、1995年の再演時は、劇場(たしか池袋のシアターグリーン)にコンピューター(mac、たぶんIIciか8100/80AV)とシンセサイザーを持ち込んで、生演奏で音を付けていました。
 使用ギターはモーリスS131Mで、チューニングはドロップDのカポ2です。


▲「聖歌」「ジャンヌ・ダルク」のオリジナル・ヴァージョンが収録されているCD『ジャンヌ・ダルク』。


12「海へ抜ける道」

 ぞんぞんプロデュースの公演「ラブ・スターズ・デイ」のサウンドトラックとして、1991年にピアノで作曲。このお芝居は「リトル・マーメイド」を改題・改稿したもので、当然メインテーマは「リトル・マーメイド」でした(ハーモニクス部分は、「リトル・マーメイド」冒頭部のメロディです)。「ラブ・スターズ・デイ」サウンドトラックに収録したのは私が歌ったヴォーカル・ヴァージョンで、後に友人の水野ノブヨシくんとのユニットSol, Vento, e Marのアルバムには、サックスによるインストゥルメンタル・ヴァージョンも収録しました。自分の音楽の核である“寂寥感”をはじめて具体化した曲でもあります。
 使用ギターはモーリスS121spで、チューニングはドロップD。4フレットの全弦と、6フレットの2~6弦にカポを付けています。


▲「海へ抜ける道」のSol, Vento, e Marヴァージョンが収録されているCD『Gemini』。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1895] [1894] [1977] [1893] [1892] [1891] [1890] [1889] [1888] [1887] [1886]