作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 ウクレレデュオ曲のうち、「IN MY LIFE」のダイアグラム譜と解説が終了。続いて夜から「渚」にとりかかる。
 午前中に「スマイル」終了。正味2日…やっぱりアルペジオ系の曲は早い。

 次は「Deep Silence」…に行かず(結局最後まで残ったなぁ…)、ウクレレとのデュオ曲のダイアグラム譜と解説制作。
 「永遠の青い空」終了。正味4日ちょっと。(構成的には)リピートになっている時も、けっこう違うことを弾いているので、楽譜上ではリピートが使えない。また16ビートなので音符が細かくなり、それらの結果として楽譜がちょっと長くなる(8ページ)。無理矢理リピートを使うと、( ) 2x only とか( ) 1,4x とかが増え、かなり煩雑になるのであまりよろしくない。とはいえ、1曲が10ページとかになっても、これまた見にくい。難しいところなのである。

 ところで取材時、押尾さんに「この曲は「あの夏の白い雲」のアンサーソングですか?」と尋ねたところ、「ま〜た、南澤さんはロマンチストなんだから…」と返された。どうやら違うらしい(笑)。

 次は「Deep Silence」…に行かず、「スマイル」へ。試しに時間を計って作業してみたところ、2時間ちょっとで採譜終了。全曲このくらいのペースだと、スムーズなのだが…。無理である。Finaleまで進めて今日は終了。(構成的に)短いこともあり、かなりハイペース。
 「Deep Silence」ひととおり採ってみるも、100%合っている感じがせず、いまひとつしっくりこない。音はコレでいいはずだけど、こんなフォーム使うかなぁ?とか。実はこの曲の採譜のために、実際にチューニングを変えなくても出音だけチューニングを変えられるLINE6社のvariax acousticを購入したのだが、あんまり成果は上がらず。

 とりあえず他の曲を先に進め、後日あらためて自分で実際に(AAEGAEとナッシュビル・チューニングのギターを用意して)録音してみながら、音を割り出していくことにする。

 というわけで、「永遠の青い空」にとりかかることに。

 写真はvariax acoustic 700 natural。ボディは空洞ではなく、あくまでシミュレートのアコギなのである。
variax
「渚」とりあえず終了…といっても「In My Life」同様に浄書の途中までで、あとはウクレレパート待ち。明日は学校、明後日はイベントなので、次の曲は日曜か月曜スタート。そろそろ「Deep Silence」に向かわないと(定位が同じギター2本というのは、とても骨が折れそう)。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]