作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
→ インタビュー前編
→ インタビュー後編

【アコースティック・ギター同好会 GUITARISTS】




 ウィンダム・ヒル・ファンクラブの部会として1986年にスタートした、南澤主宰のアコースティック・ギター同好会。会報を発行したり(当初は月1回、後に不定期)、集まってギター弾いたり、コンサートを企画したり…といった活動を行っていました。1993年6月に主宰を浜田隆史さんと交代していただき、南澤の手を離れます。

 写真は左から会報vol.1(86年)、vol.81(93年/南澤発信の最終号)、題字コレクション。最初は手書きでしたが、途中87年からワープロ(死語…)になり、90年からバイト先のDTP専用機を使うように。題字は自分で手書きレタリングを楽しんでました。

 当時の会員には、押尾コータローさん、盟友のギタリスト浜田隆史さん、ヘッジス本でもご協力いただいたタカミネギターの寺崎さん(後述)や、TABギタースクール発足前の打田十紀夫さん、Mファクトリーの三好さんらがおり、ほか中川イサトさん、岡崎倫典さん、坂元昭二さんなど、プロのアコースティック・ギタリストにも会報を送ったりインタビューしたりしていました。

【タカミネギター・寺崎さん】
 タカミネギターの寺崎誠さんは、今回のヘッジス本でも機材関係の記事を書いていただいています。当時は私も彼も、まだお互い学生でした。

【If I Needed Someone/恋をするなら】
 ビートルズ(ジョージ・ハリスン)の曲。この時点ではアルバム『Taproot』に入れる予定だったようですが、コンセプト・アルバムになったせいか、最終的には収録されませんでした。後に、ウィンダム・ヒルのオムニバス『Guitar Sampler vol.2』と『Here, There & Everywhere - The songs of the Beatles』に収録されています。

 思えばもう27年も昔の話ですが、ホテルの部屋の雰囲気や、カセットの入った鞄などは今でも憶えています。何度かお会いしたマイケルは常にジェントルで優しく、自分の曲や奏法について、いつも丁寧に話してくれました。もっともっといろんなことを尋ねておけばよかった…と、残念でなりません。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[2371] [2395] [2394] [2393] [2392] [2391] [2390] [2387] [2386] [2389] [2388]