作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 …といってもTVですが(笑)。

 今年3月のブログにもちょこっと書いてるが、この時点では特にJのチームのサポではなく、ワールドマッチを見る程度だった。ところが、Jリーグの試合をいろいろ見るうち、今ではFC東京のサポになってしまった(かもしれない)。もともとお気に入りの石川選手、羽生選手がいたのだが、今の個人的イチオシはディフェンダーの長友佑都選手。試合中継を見ていてその驚異的な運動量に魅力を感じたのだが、どっかで見たことがある気がしてよくよく考えると、いくつか思い当たるフシが。去年のU22の試合、2007年6月の対マレーシア戦(北京五輪2次予選)に出ていて、ディフェンダーなのにゴール(先制点)を決めていた(この時も、よくゴール前まで出ていたなぁ、という印象)。それと去年の年末、明治大学チームのメンバーとして天皇杯のNHK特番で取材を受けていた(ような記憶が)。

 ともあれ、そうやって試合を見出すと、おのずと他の選手も名前と顔が一致していき、梶山くんは眉がゴルゴだなぁ…とか、ガチャピンを持って応援している人がいるのはカボレ選手が似てるからなのかなぁ…とか、なんだかチームにますます愛着を感じていくから不思議。MXテレビのFC東京番組もあり、FC東京の試合を毎回楽しみにするようになって来たのであった(ホームゲームはMXで中継があるし)。そんなこといってたらJでも高(好)順位。もっと中位くらいのチームかと思ってたのだが…(決して勝ってるから応援し始めたわけではない…と言いたいだけなのです)。

 とはいうものの、相変わらず他のJの試合も(ザッピングしたりして)見るし、ACLは毎試合きちんと(?)観戦(鹿島、ガンバ、ともにグループステージ突破おめでとう!)。それと、6月のEUROに備えてケーブルTVのチューナーを録画機能付きに替えたり。日本の代表戦は気が入りすぎてしまうので、本質的に関係ない国のワールドマッチのほうが見ていて楽なのである(もちろん代表戦もしっかり見ますが)。EUROは前回もWOWOWでかなりの試合数見ているので、今年もサッカー漬けになるのが楽しみなのである。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[219] [238] [237] [236] [235] [234] [232] [233] [231] [230] [229]