作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 日本音響家協会さん主催のイベント出演で、曙橋のバック・イン・タウンへ。バック・イン・タウンへの出演は、打田十紀夫さんのライヴゲスト以来2回目である。日本音響家協会さんは、昨年2月に“音響茶話会”というイベントに呼んでいただき、こちらも今回が2回目。私の他にタヒチ・クラブ+MJOさんというブルーグラス系のグループ(メンバーが重なってるけど、2バンド)も出演。

 昼から夕方までは、ローランド社のPAシステムと、ライト・イア社の平面スピーカー・ユニットを使った音響実験。写真後ろに写ってるのが平面スピーカー。

ライヴ

 夜はライヴ。まずタヒチ・クラブ+MJOさん、そして私、の順に演奏。フィドルの若者が風邪でつらそうだった…(治ったかな?)

ライヴ

 パンでもお世話になっている石丸さんはじめ日本音響家協会のみなさま、そしてご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

 石丸さんのお父さん(アコギ好き)に、ウン万円もするというエリオット・カポをお借りする。試してみて良い感じだったので、買ってみよう…と話していたところ、なんといただいてしまう(恐縮)。ありがとうございました!さっそくレコーディングに使ってみる事に。普段使っているshubbカポに比べて高音弦の音が明らかにしっかりして聞こえた(弦を押さえる部分の材質と細さが関係しているのかも)。これが気のせいでなければ(笑)、ウン万円の価値は十分にある。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
SEAS Sound Labo.Live 2009 本番
行って来ました〜。 う〜。 なかなか大変な試みでした。 志の高〜い音響家協会の皆さんの努力とあたたか〜い演奏者の皆さんに支えらコンサートは楽しく行われました。タヒチクラブ、MJOの皆さんは本当に楽しそうに演奏していました。それにしても南澤大介さんのギターはき
URL 2009/07/13(Mon)00:26:07
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[867] [736] [737] [735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [728]