作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 今日も楽器フェスティバル出演のため、池袋へ。今日もパンの教え子、Mくんにチラシ配布などを手伝ってもらいつつ、11時から1回目の演奏(実は下の写真は2ステ目)。

ミニライヴ

 今日は昨日より1ステと2ステの間が長いので、Mくんと各社ブースをふらふらしたり、まったりしたり 。

 以前、富山でのイベントに来て頂いたスギクラフトのオギノさんと再会、師匠の杉田さんをご紹介頂く。

 日頃からイベントでもよく話しているが、私のギター選びはルックス重視(笑)。もちろん出音も大切だけど、まずピンとくるかどうか…はそのデザインで決まる、と考えている。で、たいていのギターは「別に(ピンとこない)」で、次に「なかなかカワイイ」、そして「すげー(=いつかは欲しい)」なのである。んで、杉田健司ギターのデザインは、私にとっては「すげー」カテゴリー。特にサウンドホール周りやヘッドのデザインは、ほんとにカッコイイしすばらしいと思う。周りが騒がしくて、残念ながら試奏しても音がよくわからなかったのだが、いずれじっくり弾いてみたいと思うギターだった(オリジナルの軽いトラスロッドは、持った感触が確実に違った)。そして、いつかお弟子さんのオギノさんが、そのデザインを継承したカッコイイギターを作ってくれる日が来るのを楽しみにしつつ。

 2回目は16時20分から。おおぜい見ていただけて、ありがたいのである。以前お仕事でご一緒したNさん、昨日に続き聞いて頂きありがとうございました。思えば「ヒア・カムズ・ザ・サン」は、あのお仕事で初めてアレンジしたのでした。

 ラインのジャックが刺さらない…など、不可思議なトラブルはあったものの、どうにか2日・4ステージが無事終了。モリダイラ楽器スタッフのみなさま、リットーミュージックスタッフのみなさま、どうもありがとうございました。教え子の高田くん、Mくん、おつかれさまでした。いろいろありがとう。

 終了後は新宿でMくんと少しお茶(というか、ポタージュ)。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[525] [523] [522] [521] [524] [520] [519] [517] [516] [515] [514]