作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 広島で時間があまっていたので、ギターと荷物を一旦お店(島村楽器広島パルコ店さん)に預け、JRで30分ほどかけて呉に行き、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)を見に行く。戦争が好きなわけではないのだが(あたりまえか)(それに、そういう動機では見に行かないような気も)、子供のころは軍艦好きだった。ちなみに好きな軍艦は、戦艦だと紀伊(八八艦隊)、重巡では最上(何で好きだったか…後に主砲が大和の副砲に転用されたからだったか)、駆逐艦では島風(早いから)。こういった名前がポロポロ出てくるくらいには好きだった…ということである。

 閑話休題。大きな大和がある…くらいしか知らずに入ったのだが、父が搭乗する予定だった人間魚雷「海龍」の実物が展示してあった。普段はイベントで遠くに旅しても、まず観光はしない私にとって、このミュージアム訪問はかなりイレギュラーなことであり、そこで「海龍」と出会えたことは、ある種の衝撃でもあった。間近で見る「海龍」は思っていたより大きく、いろんな意味で重厚だった。(父・南澤純三のエッセイはこちら

海龍

海龍

 …そして私は来る11月22日、同じ島村楽器さんのクリニックツアーで、今度は父が配属されていた倉敷に行くことになる。

 ミュージアムの外、芝生の広場には5頭の犬のオブジェが。

犬

 もともとゆっくりしているのは苦手でもあり、正味1時間程度で呉を出発。広島に戻る。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[490] [487] [488] [449] [486] [485] [484] [482] [481] [480] [518]