作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 「Peace!」終了。ストローク系のわりに短期間(3日)で終わったのは、複数のギターがオーバーダビングされた曲だったから。…どういうことかというと、2本以上のギターでほぼ同じフレーズを弾いている場合(「Deep Silence」みたいに違うフレーズを弾くのではなく、「YELLOW SUNSHINE」みたいに厚みを出すため同じフレーズのギターを重ねる、という場合です)、細かい細かいところはギターによって当然異なるため、逆にザックリした楽譜にできるので(もちろん良い意味で、ですが)、必要以上に悩まなくて済む…というわけ。ギターによって異なる…というのは、運指やフレーズが異なると言うことではなく、たとえば弦と弦の強弱による「目立つ音」の違い(右チャンネルのギターは1弦が目立って聞こえ、左チャンネルは2弦が目立ってる、など)とか、ストロークが当たっている弦の違い(右は2〜4弦、左は4〜6弦に当たってる、など)とか。これを細部まで正確に採譜するのは難しいし、最終的には1本のギター用の楽譜にするわけで、そういう意味でもどこかでザックリさせる必要がある。抽象的に言えば、わざと焦点をずらして、細部を見ないように作業する感じ。

 1本のギターによるストローク曲では、そうやって焦点をずらしてザックリさせてしまうと、作曲者である押尾さんの意図と異なってしまう危険性があるため、そうしないでできるだけ細かく採るようにしているのである。そのため、かえって楽譜がよけい煩雑になってしまうのだが…やむを得ない。個人的には、キメやソロ部分は別として、メロディ・ラインと、コード・フォームが付いたストローク記号のスラッシュ(高音弦を狙うか低音弦を狙うか程度を書き表したもの)だけでも十分機能するとは思うのだが。

 で、次は非ストローク系にしよう…と思いたち、「ノスタルジア」あたりの予定。冒頭は以前アコギマガジンさん用に採譜してあるし。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[212] [214] [211] [210] [209] [206] [216] [208] [207] [202] [205]