作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 水戸マイム店さんライヴでの質問コーナーにて、時間の都合で解答しきれなかった分をここでお答えします(質問の文章は、簡略化してある場合があります)。駆け足気味のご返答ですが、ご容赦下さい。さらに深くお尋ねになりたい事がありましたら、掲示板に書き込んで下さいませ。



【Q】 指でギターを弾くとき、右手の中指と薬指がなかなか別々に動かないのですが、よい練習方法、コツなどはありますか?(Mさん・18歳)

【A】 曲の中でそういう動きをする部分をゆっくりと繰り返し繰り返し練習するか、右手のエクササイズが乗っている教則本(クラシック・ギターの初心者向けがおすすめ)を購入して練習してみるとよいでしょう。ニガテな動きというのはどうしてもありますので、あせらずに。


【Q】 ギターをやっていて、やめようと思ったことなどあるんでしょうか?(Nさん・30歳)/ザセツしそうになったことはありますか?(Iさん・21歳)

【A】 あると言えばあるし、ないと言えばない…です。プロのギタリストになる、という意味では、若い頃に一度「自分には無理だなぁ」と思い、その気持ちは(基本的には)今でも変わっていません。ギターを弾くことそのものは、「やめる」とか「ザセツ」とかとは無縁で、弾いてて楽しい時は弾くし、他に楽しいことがあれば(その時は)弾かない…という感じです。


【Q】 ドロップD、オープンG、レギュラーなど、どのような曲に使い分けているのでしょうか?(Tさん・52歳)

【A】 “私にとってのレギュラー・チューニング”はドロップDで、自分で弾く限りではこのチューニングが基本です。「ソロ・ギターのしらべ」のような楽譜集を作る際は、出版社さんからの要望で、ドロップDが曲数の半分を超えないよう、レギュラーでもアレンジします。他のオープン・チューニングは、ほとんど使いません。


【Q】 ギターに後付でピックアップをつけるには?(Sさん・52歳)

【A】 おおまかに(1)マグネチックか、(2)貼り付けピエゾか、(3)インブリッジ・ピエゾか、(4)エアマイク、あるいはそれらのコンビネーションから選ぶことになります。(1)は試しに付けることも可能なので、一番手軽。私は今は(2)が好きで、この水戸ライヴでは島村楽器さんに付けていただいた(2)を使いました。自分の他のギター(モーリス)にも、このピックアップを付けてもらっています。


【Q】 指のトレーニング方法(Oさん・56歳)

【A】 ライヴでも話しましたが、エクササイズ的な練習より、目的をしっかり持って曲を練習するほうがよいと考えています。


【Q】 ギターの保管について(Oさん・56歳)

【A】 私の場合、部屋のスタンドに立てて、ケースにはしまっていません。


【Q】 ギターの選び方(Oさん・56歳)

【A】 これもライヴでも話しましたが、「目が合ったもの」で良いと思っています。
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1886] [1885] [1884] [1883] [1881] [1882] [1880] [1878] [1879] [1877] [1876]