作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
イベント

 先週の名古屋イベントの空き時間に、「マインド・イーター(完全版)」(写真右)を購入しました。

 「重力の束縛を脱し、宇宙に活動の領域を広げ始めた人類は、同時にあまねく宇宙を徘徊する恐怖の存在を知った。彗星として知られる天体の多くは、実は現宇宙への底知れぬ“憎悪”が実体化したものであり、接触した人間の精神を食いちぎり、肉体を結晶の塊に変える怪物、マインド・イーターだった。この脅威に対し、人類はハンターと呼ばれるエリートたちを宇宙へ送り、その破壊につとめるが…」(ハヤカワ文庫版あらすじより)

 私にとってのオールタイム・ベストなSFの一つで、ページがすっかり焼けてしまったハヤカワ文庫版(昭和59年発行)には収録されなかった2篇「サック・フル・オブ・ドリームス」「夢の浅瀬」が収録されていました。名古屋移動と札幌移動の間に、既読の短編も含めて全編読了。独特の静謐さ、透明さを感じさせる筆致が、私にはとても…水が大地に染みこむように…入ってくるのです。また、未読だった2篇はどちらも音楽が物語に深く関わっていて、特に「ぼくは戦えるようになりたい」のくだりは、心が熱くなりました。


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1680] [1679] [1678] [1676] [1677] [1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670]