作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 先日購入した音程修正?ソフト、Melodyne Editorを弄ってみる。そもそもは2008年春のフランクフルト・ミュージックメッセでのデモ映像でこのソフトを知り、ガクゼンとしたのが最初(くわしくは2008年3月16日のブログ参照)。ようやく発売になったので、さて実力はいかほどか…と購入。

 んで、自分のソロ・ギター曲「雨の停留所」を解析したのがこれ↓。

雨の停留所

 完璧とはいかないが、同時に鳴っている音がしっかり分離されている。試しに、哀しげに編集してみた(赤い部分が編集箇所)。

●涙の停留所









 ちなみに、元曲はこちら。

●雨の停留所









 倍音を分離するためか音質が変化する(元曲の音質劣化はmp3のせいです)が、それでも見事に音を変えることができた。エフェクト処理前のオーディオデータを使えば、もう少し音質が良くなるかもしれない。ともあれ、アナライズや採譜といった用途なら、手を入れれば十分使える。音符も上に表示されるし(リズムは解析しないので旗は無し)、midiデータも吐けるので、なかなか便利そう。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1054] [1053] [1052] [1051] [1050] [1049] [1045] [1046] [1047] [1048] [1028]