作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 昨日に引き続き尺FIXの作業。今日中に終えたかったのだが、少しコボれて残念…。明日は学校なので、全部終えてしまいたかったのだが。ああ集中できない私。
 先日から取りかかっているプラネタリウム番組のサウンドトラック制作。作曲の仕事が久々なせいか、ラフ書きが意外と難産。なんとかほぼ全曲のラフをネットでスペースサイト宮部氏に送り、宮部氏からはDigital Performerにナレーションを貼り付けたデータをもらう。宮部氏はDP5.12で、私はDP5.11のため最初開けず、データを保存し直したものを再送してもらうことに。5.12から波形データの拡張子も変わっているとのことで、5.1保存をかけたら波形データも全て別保存されたとのこと。また、こちらで開いたデータの中で使われているフェードが上手く機能せず、フェードを作り直すことで回避。結構内部的にいろいろ変わってるんだなぁ(5.11と5.12)。

 これから曲を修正しつつ、いただいたDPデータに合わせての尺FIX作業。その後で、いよいよアレンジ(肉付け)なのである。〆切まで1ヶ月有るのだが、もう1本サントラ(リメイク)が来週あたりから併走する予定なので、けっこう余裕はない…ような気がする。きりきりやらねば。
 2008年一発目の作曲の仕事は、プラネタリウム番組「図書館(仮)」のサウンドトラック制作。夕方、電話にてスペースサイト宮部氏と打ち合わせ、作曲に取りかかる。まずはピアノ(Synthogy Ivory)を使ってのラフスケッチ書きから。
│HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4]