作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 パン・スクール・オブ・ミュージックでレッスン。

 Iくん、クリスマスライヴに備えて「サンタが街にやってくる」(「ソロ・ギターのしらべ 至高のスタンダード篇」収録)練習中。Fくん、サザンの曲をアレンジ中。
 パン・スクール・オブ・ミュージックでレッスン。

 専科希望の見学者1名。岸部眞明さんのライヴに感銘を受け、ソロ・ギター・スタイルを弾いてみたくなった…とのこと。Nくん、Aくん、期せずして2人とも小沼ようすけさんのソロ・ギター曲「Virtual Insanity」(アルバム『Nu Jazz』収録/ジャミロクワイの名曲)。既発の楽譜(nu jazz スタイルソロギター)には後半が載っていないこともあり、Nくんは耳コピしていた。



 パン・スクール・オブ・ミュージックでレッスン。

 Fくん、卒業後(というか来年)の、身の振り方の相談。Nくん、ラリー・カールトン「Storyteller」のソロギアレンジ。このアルバム(『Fingerprints』)、思いのほかスムースジャズ系で、とても良い感じ。


 パン・スクール・オブ・ミュージックでレッスン。

 Sくん、トミー・エマニュエル練習中。専科のOくん、オリジナル曲の作曲中。
 パン・スクール・オブ・ミュージックにて学校説明会。今日も高校3年生。どんなギタリストを聴くの?という問いに、「押尾コータローさんとかドン・ロスさんとかトミー・エマニュエルさんとか…」と、すべてちゃんと「さん」を付けて話していて、好感度高し。答える自分は慣習的に外人さんは呼び捨ててしまったけれど、君はいつまでもその心意気で、ぜひ。ちなみに、話に出たトミー・エマニュエルさんの楽譜は、下記。私はどちらもAmazonで買いました。楽譜の書き方そのものは美しくないけれど(音が間違ってる、という意味ではありません、念のため)、とても勉強になるでしょう。



≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]