作曲家/ソロ・アコースティック・ギタリスト、南澤大介のブログです。
| Admin | Write |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
プロフィール


南澤大介(みなみざわだいすけ):1966年12月3日生。プラネタリウム番組のサウンドトラック制作などを中心に活動中。CD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(2010年現在累計35万部)などの著作もあり。

webshopmail
eventtwitter
|YouTube (1)(2)(3)
twitter
アーカイブ
 防音室とはいえエアコンやパソコンは録音時に音が邪魔になるので、猛暑の中エアコンを切って(笑)今日もレコーディング。初日のテイクをNGにした「ブラックバード」(今度はいい感じ)と、同じくビートルズの「ノルウェーの森」を録音。

 下の写真は、「ノルウェーの森」で使ったアタッチメント。モーリスと微妙に弦高が違うため、USBケーブルキャップ(1弦に装着した白いモノ)だけでは上手く鳴らず、クリップを付けて調整。
アタッチメント

 終了後はいつものように左手の指先をアイシングしながら、右手で仕事。私の場合、すぐに指先が痛くなるので、ここ数年録音の後はこんな感じ。
アイシング

 学校の後、プレス会社さんにてYさんと打ち合わせ。Yさんは岡崎倫典さんに教わっており、私がパンで教えているTくんのこともご存じだった(Tくんは倫典さんの教室にも通っている)。…世間は狭いのである(アコギ界が狭い、とも言う)。

 雨模様だったので、魑魅のように暑く、魎魍のように湿気がすごい…。帰宅したらクッタクタになる。夏バテか…。
 昨日に続いてレコーディング。2〜3曲録音するつもりが、「Here Comes The Sun」を録り終えたところで左手の指先が挫折。普段弾いてないとこういうことになる…。というわけで1曲終了して終わり。
 アコギマガジンさんの試奏記事がご縁で、島村楽器さん主催のクリニック・ツアーを行うことになったのだが、せっかく何カ所も回るのだから…ということで、Historyギター(先日プレイした中で一番気に入ったNT-501)をお借りして、数曲入りのミニ・アルバムを制作しよう…と思いたつ。イベントまでに日が無く、スケジュール的にはキッツキツなのだが、こういう機会でもないとなかなかソロ・ギター・スタイルのアルバムは作れない(作らない?)ので、ちょっと無理してみることに。

 とはいえ新曲をアレンジしたり作曲したりしている時間は無いので、イベントでよく弾いてるけど「ソロ・ギターのしらべ」に入ってなかったり、入っててもちょっと変えてたり…という曲を何曲か選曲。今日から録音スタート。

 とりあえず、DropDの1弦空け2カポ…というアレンジで、「涙そうそう」「遙かなる影」「ブラックバード」の3曲を録音。後で聴き直し、「ブラックバード」のテンポがちょっと速かったので後日録り直すことにして、2曲終了。

 『Milestone』制作の時にお世話になったプレス会社さんに連絡を取ったところ(その時も、担当の方がソロギを使っていて下さったのである。ありがたや)、すべてがものすごく順調に進めばイベント初日(8月9日)に間に合うとのこと。あとは自分の頑張り次第なのである。
│HOME│  Next ≫

[1] [2]